長野県中野市産きのこが東京ミッドタウン日比谷 「morceau(モルソー)」の秋元さくらシェフと 初コラボレーション!

更新日:2018年11月21日(水)   
  

取材・文:MuuM編集部

更新日:2018年11月21日 7:00

JA中野市は、日本トップクラスのきのこの産地である長野県中野市のきのこを、もっとたくさんの方に味わっていただくため、日比谷ミッドタウン「morceau(モルソー)」にて、秋元さくらシェフ監修のオリジナルメニューを2018年11月21日(水)より提供開始致します。

秋元さくらシェフオリジナルメニュー

ランチメニューA

『松阪ポークと熟成牛のハンバーグ 長野県中野市産たっぷりきのこのソテーを添えて』

前菜・サラダ・デザート付

価格:2,800円(税別)

 

ランチメニューB

『ふんわり雪チーズオムレツ 長野県中野市産きのこのクリームソース』

前菜×2・デザート付

価格:4,500円(税別)

 

提供期間:2018年11月21日(水)より1ヵ月程度(なくなり次第終了)

提供時間:ランチタイム 11:00~15:00(L.O.14:00)

提供店舗:東京ミッドタウン日比谷「morceau(モルソー)」

東京都千代田区有楽町1-1-2

東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結

秋元シェフ監修オリジナルメニューの誕生秘話

秋元氏は今回のメニューを考案するにあたり、長野県中野市にあるエリンギ、えのき、ぶなしめじの工場を視察されました。生産者より、それぞれの特長やこだわり、地元での調理法をヒアリングし、今回のメニュー開発に至りました。

 

秋元氏いわく、「きのこはほとんどが水分で、時間が経つと、どうしても香りが弱まってしまう。しかし、JA中野市のきのこは鮮度が高く、香りも強いので、きのこの香りを活かしたメニューにしようと考案しました。」と話します。

 

【秋元さくら プロフィール】

「morceau」HIBIYAオーナーシェフ。国際線CAとして世界各地を訪れ、様々な食文化を体験するうちに料理への興味が高まり、料理人へ転身。TV番組の料理コーナーにレギュラーで出演するほか、レシピ本の発行など幅広く活動。家庭的かつ新しいフランス料理の魅力を発信し続ける。

 

【長野県中野市ときのこ】

長野県中野市は、長野県の北部に位置し、自然豊かで農産物の栽培に適した場所です。りんごやぶどうの栽培では全国でも有数の生産量を誇っています。特に「きのこ」の栽培には力を入れており、「えのき」の生産量は日本一となっています。その他にもぶなしめじ、なめこ、エリンギなどを生産しています。

 

きのこを愛する女子たちの同好会「きのこ女子大」: http://kinoko-univ.com/

JA中野市公式レシピサイト「ナニタベル?」   : http://nanitaberu.net/

提供:@Press

スポンサーリンク

SNSでシェアする!
この記事を書いたライター
この記事をいいね!する

人気の記事

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

CATEGORY