毎年恒例、GWのフードフェス『う祭り』が今年も帰ってくる!!ゴールデンウィークは、太陽と、青空と、うまいもの!「全日本うまいもの祭り」4/27~5/6@モリコロパーク

更新日:2019年02月18日(月)   
  

取材・文:MuuM編集部

更新日:2019年02月18日 7:00

全日本うまいもの祭り実行委員会は、毎年10万人以上の来場者でにぎわう、GWのフードフェス「全日本うまいもの祭り」を2019年4月27日(土)~5月6日(月・休)に、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催することを決定いたしました。

メインビジュアル

『う祭り』とは?
会場風景1

会場風景2

会場風景3

6年連続でゴールデンウィークに開催し、毎年10万人を超える来場者が訪れ、大いに賑わうフードフェス、あの『う祭り』が、今年2019年もモリコロパークに帰ってきます!!

私たちの至福の瞬間…それは『食べる』こと。「うまいもの」を食べれば、そこには笑顔が生まれ、元気になり、会話も弾みます。

今年も、全国各地から、その土地の食文化を体感できる「うまいもの」が大集結!青空の下、家族みんなで「うまいもの」をいっぱい食べて、楽しい1日を過ごせる「食」の大イベントを、ぜひお楽しみください。

また、リニモ共催により、期間中、『リニモ1DAYフリーきっぷ』を購入すると、もれなく入場券が付いてくる企画も実施します!

『う祭り』コンテンツ

【フードブース】[予定]

昨年実績イメージ1

昨年実績イメージ2

全国の“うまいもの”が一堂に集結!各都道府県を代表する「食」が出店。コンテストなど競うことを目的とせず、純粋にお客様に「食」を楽しんでいただける空間をご提供。その土地の食文化を体感できる“うまいもの”を青空の下、家族や仲間と、おなかいっぱい食べていただけます。今回も充実のラインアップ!!

【ステージイベント】[予定]

ステージ1

ステージ2

“にぎやか”な会場に笑顔があふれる!老若男女問わずに楽しめる魅力あるステージコンテンツを予定しております。

【キッズパーク】[予定]

キッズパーク1
キッズパーク2

『う祭り』の入場券の”半券提示で無料”のキッズパーク!トランポリンやアクアボールなどの子ども向けアトラクションをお楽しみいただけます。

【主催者ブース】[予定]
“食を楽しむブース”でお土産も!今年も様々な企画を計画中です!
最新情報は、公式ホームページ( https://umatsuri.jp/ )をご覧ください。

期間中、「リニモ1DAYフリーきっぷ」を購入すると、もれなく入場券が付いてくる!

期間中、「リニモ1DAYフリーきっぷ」を購入すると、もれなく開催期間中に使用できる入場券が付いてきます。お得な「リニモ1DAYフリーきっぷ」をぜひご利用ください!

全日本うまいもの祭り『う祭り』のイベント情報(詳細)

イベント名全日本うまいもの祭り『う祭り』
会場愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 大芝生広場
開催日時2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月・休) ※10日間
10:00~17:00(最終入場時間は 16:30)
料金入場料:大人1日券(当日) 600円、小学生1日券(当日) 200円
※未就学児は入場無料
※お得な前売券は、4月1日(月)より販売開始
詳細共催:
愛知高速交通

後援:
愛知県、長久手市、一般社団法人愛知県観光協会、公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー、公益財団法人愛知県都市整備協会

協力:
愛知環状鉄道

■アクセス ※愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
開催日は周辺道路を含め大変な混雑が予想されますので、公共交通機関でお越しください。

【電車】
・地下鉄「藤が丘」→東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園」下車
・愛知環状鉄道「八草」→東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園」下車

【自動車】
・東名高速道路・日進JCTから分岐して名古屋瀬戸道路へ、長久手ICより一般道路を東に約2km
・東海環状自動車道豊田藤岡ICより猿投グリーンロードを西へ約9km
・国道155号より八草交差点を西へ約1.5km

【駐車場】
・普通車500円(1,811台収容)
・大型車1,650円(69台収容)
・二輪車200円(68台収容)
主催全日本うまいもの祭り実行委員会

提供:@Press

スポンサーリンク

SNSでシェアする!
この記事を書いたライター
この記事をいいね!する

人気の記事

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

CATEGORY