バチ・ホリック – 2016 プロモーションムービー

TORU

TORU

視聴回数 417

スポンサーリンク

ページを共有する

2016年08月17日に公開

京都を拠点とする Taiko Drum Rock Band 。
昨今の和太鼓業界におけるトレンド(=パフォーマンス性豊かな和のエンターテイメント)とは異なり、あくまで楽曲の魅力を第一に追求し、和楽器のみでロックするスタイルを ”国産ロック” と定義しコンセプトに据え、個性的な演奏を国内外にて展開している。

バチ・ホリックの音楽はRock, Pops, HR/HM, Funk, Reggae, Trance といった現代音楽シーンに強い影響を受け、それらの要素を様々に採り入れている。
オーディエンスの年齢国籍を問わず会場を一体にする楽曲は、強力なユニゾン・豪快な打法など和太鼓らしい魅力はそのままに、多くの場合8ビート・16ビートを基調とする。
また、ピック弾き三味線/ごったん(箱三味線)、ラップ/ボーカルを含む楽器編成は最大の特徴である。
三味線によるコードバッキング・アルペジオは和太鼓の音色とビートに自然と溶け込み、時として強烈に歪み「和のロック」を力強く表現する。
ラップ/ボーカルは民謡的であるよりもむしろロック・ミュージック的であり、容易に口ずさめるキャッチーな旋律とコール&レスポンスで、あくまで現代らしい歓喜の共有=現代の祭りを会場に現出させようとする。

世界に対しより強い訴求力を持った「日本でしか生まれ得ない音楽」を古都・京都から発信する和太鼓チームとして、国内外で多くの反響を集めている。

《海外公演履歴》

オランダ
 OP ROAKELDAIS:ワルフム・プッテン・アムステルダム/2005年

イタリア
 魅惑の京都:ミラノ/2015年
 Vaiwai Japan Festival:ミラノ/2015年

フランス 
 Kyoto Promotion 2016:パリ・ギメ美術館/2016年
 BATI-HOLIC単独ライブ:パリ/2016年

台湾
 台南国際民族芸術節:台南・高雄/2007年
 十鼓節:台南・高雄/2011年
 建国百年苗栗灯会:苗栗/2011年

韓国
 光州国際公演芸術祭:光州/2007年
 日韓交流おまつり:ソウル/2007年~10年
 在大韓民国日本国大使館公報文化院、在釜山総領事館招聘 韓国ツアー:ソウル・釜山・光州・大邱・金海・大田・済州島/2006年~14年

ベトナム
 日本元気まつり:ホーチミン/2012年
 フエフェスティバル2014:フエ/2014年
 国際交流基金主催バチ・ホリック特別公演:ハノイ/2014年~15年
 タインホア省”日本文化の日”:タインホア/2015年

中華人民共和国
 日本酒まつり in ハーバーシティ:香港/2015年

公式HP:
Facebook:
http://www.bati-holic.jp/
https://www.facebook.com/batiholic

続きを表示
Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

CATEGORY