ハンドクリームを作ろう!KURUMUワークショップレポート

更新日:2016年10月03日(月)   
  

取材・文:TORU / 撮影:MOTTY

更新日:2016年10月3日 5:00

自分でハンドクリームを作ろう!KURUMUさんのワークショップ潜入レポート。

寒い時期や乾燥に日頃からハンドクリームを使用することは多いですよね。そんなハンドクリームも香りや潤いなどで好みが分かれます。そんなハンドクリームが自分好みで作る事ができると聞いてKURUMUさんのワークショップに潜入してきました。

KURUMUとは?

粘土科学研究所が提供している「モンモリロナイトで作った化粧品」です。くるむやさしさ、粘土のちから。汚れをすっきり落としながら、肌に大切なうるおいは残してくれる。みずみずしいうるおいで満たされるのに、肌の表面はすべすべ、つるつる。ぷるん、とつややかで気持ちいい。肌がずっと求めていたスキンケアを、粘土のちからで。それがKURUMU。やさしく自然に、そして贅沢に、肌をうるおいでくるむ。余分な皮脂や古い角質はもちろん毛穴の中の汚れまで吸着します。粘土の中でも特に粒子が細かく稀少な「モンモリロナイト」を使い、あなたの肌の願いに応えます。

kurumu_logo

ワークショップの説明
kurumu_04

まず今回ハンドクリームに使用する粘土の原料となるモンモリロナイトの説明。モンモリロナイトとはモンモリロン石と呼ばれる鉱物で、モンモリロナイトは元々は火山灰が積もり、海底で何千万年という時間と圧力、流動性を得た事でミネラルを沢山含んで鉱石になっています。写真中央左側が実際の鉱物。右側のビンに入っているものが鉱物を細かくしたもの。実際に触ってみても火山灰よりも粒子がとても細かくなめらかです。

 

また、モンモリロナイトにはもう一つちからがあって、少しお水を入れてみると。それだけでクリーム状になります。

 

kurumu_05

細かい粉末になったモンモリロナイトを水で溶かした状態のもの。とても柔らかく。粒子が細かい事が分かります。

 

つまり水を少し加えただけで、沢山水分を抱えることができ、汚れや脂も抱えることができます。また他にも保湿成分なども沢山抱えこむことができ、化粧水にはとても良いものになっています。

 

ただ、もちろん万能と言う事ではありません。ダマになりやすかったり。天然のものですので、鉱物ごとの個体差で、成分が安定しないところもあります。ですが古来より美容には粘土が使われる事が多く、クレオパトラや羊毛の脂を落とすのに使われたりもしていました。

 

このモンモリロナイトを使って本日はお好みのハンドクリームを作っていきます。

 

 

ワークショップの流れ

 

①ハンドクリームの容器に精製水と粘土を計り、容器に入れて振ります

 

②保湿成分の「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「ダイズ発酵エキス」を計り、容器に入れて振ります

 

③脂成分の「スクワラン」、「ホホバオイル」を計り、容器に入れて振ります

 

④植物エキスを計り、容器に入れて振ります

 

⑤最後に香り(精油)を入れて完成

参加者の皆さんは説明を聞いたあと、お茶を飲みながらどんなハンドクリームにするかを考えます
ワークショップの内容説明

ワークショップの説明を聞き、どんなハンドクリームにするかをイメージしているようです。参加者の皆さんは美意識が高い女性の方達で、お茶をいただきながら色々なお話をされていました。こうした出会いがあるのもワークショップならではですね。

ハンドクリーム作りスタート
kurumu_02

よく手を洗いアルコール消毒をしてからハンドクリーム作りスタート。

①ハンドクリームの容器に精製水と粘土を計り、容器に入れて振ります
ハンドクリームの容器に○○を入れます。

ハンドクリームの容器に精製水を入れていきます。

 

容器に粉末のモンモリロナイトを入れて行きます。

精製水の入ったハンドクリームの容器に粉末のモンモリロナイトを計り、2〜3回に分けて入れていきます。そしてしっかりと振っていきます。

②保湿成分の「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「ダイズ発酵エキス」を計り、容器に入れて振ります
保湿成分となる「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「大豆発酵エキス」を好みに合わせ入れていきます。

保湿成分となる「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「ダイズ発酵エキス」を好みに合わせハンドクリームの容器に入れて振っていきます。

 

ここからは個性が出てくるところですので、参加者の皆さんは何を何グラム入れたかをメモしていきます。

ここからは個性が出てくるところですので、参加者の皆さんは何を何グラム入れたかをメモしていきます。

KURUMU FACTORYSHOPのお店情報(詳細)

店名KURUMU FACTORYSHOP
電話03‒3686‒6306
住所〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-9-9
ホームページhttp://kurumu.net/

スポンサーリンク

SNSでシェアする!
この記事を書いたライター
この記事をいいね!する

人気の記事

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

CATEGORY