[スペシャルドキュメント]風見しんご55歳の挑戦!サラリーマン交渉バトルの撮影中に起きた感動チャレンジ!

更新日:2017年06月20日(火)   
  

取材・文:MuuM編集部

更新日:2017年06月20日 7:00

風見しんご55歳の挑戦!動画『サラリーマン交渉バトル』の撮影中に起きた感動のチャレンジをドキュメンタリーで紹介。

今年55歳になる風見しんご。日本の芸能界におけるブレイクダンスの先駆者として知られ、タレント、歌手、ダンサー、俳優として幅広く活躍している。涙のtake a chance(1984年12月リリース)では自らニューヨークに出向きブレイクダンスを修得。振り付けに取り入れたことで当時大きな話題を呼んだ。そんな風見しんごのブレイクダンスはもはや都市伝説と化していた。しかし今回の動画ではその事実をカメラでおさめることができた。

 

動画の撮影は大技「ウィンドミル」を残しお約束の時間いっぱいに。現場の判断で大技の撮影は見送られた。だがその時…

 

スタッフ「風見さん撮影終了です」

 

風見さん「あれ、ウィンドミル出来るかどうかはやってみなくても大丈夫ですか?」

 

なんと声を上げたのは風見しんごさん本人だった。すでに長い撮影を終え肘や肩に疲労を隠せない55歳にとってウィンドミルは命がけの挑戦となる。とまどう現場…

 

急遽 撮影が決定。風見さんの思いを尊重したマネージャーの判断だった。

そして挑戦は始まった

 

ブレイクダンスの大技【ウィンドミル】上半身を回転させる間に足をうまく抜ければ、回転できるというもの。

 

最初のチャレンジは惜しかった。だが現実は甘くなかった。回を重ねるごとに挑戦が無謀であったことに気付かされた。

 

どこからか次がラストという声があがる。風見さんは返事をしなかった。

ただ誰もがやさしい拍手で見送ろうと思った。息を飲む撮影スタッフ手を合わせるダンサーたち。

スタジオはひとつになる。

 

そしてついに…
奇跡が起きる

 

 

風見さんはこの挑戦の前にこうコメントしていた。

「50を過ぎて60を過ぎたら、もちろん出来る技は少なくなってきますよ。だけどワクワクする気持ちは変わらない」

 

今年55歳になる風見しんごさん。こんな55歳かっこよすぎです!

 

 

のどごし<生>は、毎日がんばるあなたを応援しています。

がんばる親父がNo.1 のどごし<生>

 

スポンサーリンク

SNSでシェアする!
この記事を書いたライター
この記事をいいね!する

人気の記事

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

関連する記事

内容について連絡する

CATEGORY