小江戸・川越にトリックアートミュージアム3月31日オープン。4月27日までオープン記念価格で入場料割引

更新日:2018年04月18日(水)   
  

取材・文:MuuM編集部

更新日:2018年04月18日 7:00

トリックアート作家・服部正志の東日本初のミュージアム『トリック3Dアート in COEDO』が川越・蔵造りのエリアに2018年3月31日(土)オープン!

4月27日までオープン記念価格として、入場料を割引!

 

菓子屋横丁の子犬

 

時の鐘に登って

 

円盤の上に立つ魔法の本

『トリック3Dアート in COEDO』について

写真を撮りあって楽しむ参加型トリックアートはファミリー、カップル、団体客がおおいに盛り上がります。老若男女+海外からのお客様も、どなたでも楽しめます。SNSとの相性は抜群です。観光地のミュージアムなので旅の思い出として自分達の写真を多数残せます。

『トリック3Dアート in COEDO』の特長

(1) 作者について

ヨーロッパ、日本など国内外のメディアに多数取り上げられている服部正志は強烈な錯覚効果をもつ現代的な作品を製作しています。地元である当ミュージアムには約30作品を選抜して展示します。

NHK「高校講座美術1(錯覚を楽しむ)」、日テレ「世界の果てまでイッテQ!」、ドイツの人気テレビ番組「ガリレオ」など多数出演しました。

2017年夏の川崎市市民ミュージアムでのイベントはAP通信から配信されてヨーロッパなど世界のメディアに取り上げられました。“You need to see this 3D art exhibition in Japan”

 

(2) オリジナル作品について

観光の思い出写真が撮れる小江戸・川越オリジナル作品もあります。小江戸・川越のシンボルである時の鐘をモチーフにした『時の鐘に登る』。川越の人気スポット菓子屋横丁を題材にした『菓子屋横丁の子犬』。エントランスのフリースペースには『壁パンチ in COEDO』。

トリック3Dアート in COEDOのお店情報(詳細)

店名トリック3Dアート in COEDO
電話049-298-4727
住所埼玉県川越市元町1-13-1(札の辻交差点すぐ)
営業時間10:30(水曜は13:00)~17:30(最終入館17:00)
定休日火曜日
ホームページhttp://kawagoe-trickart.com

スポンサーリンク

SNSでシェアする!
この記事を書いたライター
この記事をいいね!する

人気の記事

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

関連する記事

内容について連絡する

CATEGORY