若手の写真家によるコンセプト写真の展示会を目黒美術館区民ギャラリーで6月13日から5日間開催!

更新日:2018年05月29日(火)   
  

取材・文:MuuM編集部

更新日:2018年05月29日 7:00

一般社団法人 日本アート教育振興会は2018年6月13日(水)~17日(日)の5日間に、東京(目黒)の目黒美術館区民ギャラリーにて『art photo展(アートフォト展)2018―世界を少し奪ってみた―』を開催します。入場は無料です。

 

『art photo展(アートフォト展)2018―世界を少し奪ってみた―』

http://home.artphoto-lesson.com/artphoto-exhibition-2018

 

『art photo展(アートフォト展)2018―世界を少し奪ってみた―』では、これからの若手フォトグラファー約40~50人の作品を展示いたします。毎年行われている展覧会で、今回は「世界を少し奪ってみた」をテーマに、フォトグラファー各人の世界観をそれぞれ表現します。

 

当日は来場者投票・プロによる入賞者の選出を実施するほか、展示作品の販売も行います。会場でスタッフにお声掛けいただき、展覧会終了後に引き渡しをいたします。

『art photo展(アートフォト展)2018―世界を少し奪ってみた―』について

出展フォトグラファーは、一般社団法人 日本アート教育振興会が認定をするプラクティカルフォト認定講座 準1級以上を取得し、撮影スキル、様々なアプローチ、表現方法などをしっかりと身につけた若手フォトグラファーです。

すでに受賞歴があるフォトグラファーや、フリーカメラマンとして活躍しているフォトグラファーも出展しており、多様性のある表現を体感いただけます。

今回は、「世界を少し奪ってみた」というテーマでフォトグラファー各々が自分なりの表現をしています。フォトグラファーたちは同じスキルを身につけましたが、一人一人違った表現やメッセージを作品にしています。是非ご堪能ください。

「art photo(アートフォト)」とは?

当会では、「フォトグラファーの伝えたいメッセージや主張が込められたコンセプトのある作品写真」をアートフォトと呼んでいます。

≪表彰について≫

出展者の中からオーディエンス賞のグランプリ、ベストフォトグラファー賞を選出します。

結果発表は展覧会終了後、日本アート教育振興会ホームページ、blog、Facebookなどで発表されます。

ホームページ: http://home.artphoto-lesson.com/

blog    : https://ameblo.jp/artphoto-blog/

Facebook  : https://www.facebook.com/jeara.official/

 

◇オーディエンス賞

ご来場者様にお好みの作品に投票していただき、グランプリを決定します。

 

◇ベストフォトグラファー賞

プロカメラマン宮木和佳子、出原麗、村上由美、高橋昌也がプロ目線で選出します。

art photo展のイベント情報(詳細)

イベント名art photo展
会場目黒美術館区民ギャラリー
開催日時2018年6月13日(水)~2018年6月17日(日)
10:30~17:30(最終日 10:30~15:00)
住所〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
料金入場料:無料
ホームページhttp://home.artphoto-lesson.com/

提供:@Press

スポンサーリンク

SNSでシェアする!
この記事を書いたライター
この記事をいいね!する

人気の記事

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社フィールファインは一切の責任を負いません。

CATEGORY